《ゲスト演奏》古澤歌歩子

パフォーマー紹介

古澤 歌歩子 Kahoko Furusawa
熊本県立玉名高等学校卒業。桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。
第30回熊日学生音楽コンクール最優秀賞。第22回熊本県高等学校ピアノコンクール金賞。第60回全日本学生音楽コンクール福岡大会入選。第20回九州・山口ジュニアピアノコンクール優秀賞。第3回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第2位など多数の受賞歴を持つ。第31回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに参加しマスタークラス修了。2012年、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業演奏会、第51回熊本県新人演奏会に選抜され出演。同年10月くまもと森都心プラザホールにてデビューリサイタルを開催。2013年にはクラリネット奏者である母、古澤嗣佳子と「デュオ・フルサワ」を結成し、2014年3月には東京、名古屋、熊本の3公演を開催し成功をおさめた。2015年、オーストリアのウィーン国立音楽大学マスタークラスを修了、ディプロマを取得後、渡独。ハンブルク音楽院(ドイツ)に2年間在籍しクリスティアーネ・ベーン氏のもとでソロ、伴奏法、室内楽を学び昨年10月帰国。2016年12月ドイツより一時帰国し、熊本地震復興祈念リサイタルを開催。留学中にドイツ各地での室内楽演奏会に多数出演し、ハンブルクにてソロリサイタルを開催。これまでにStreet Art-plex KUMAMOTO、熊本市現代美術館ショパンメモリアルコンサート、熊本県立美術館NHK美術館コンサートなどに出演。
ピアノを小川由美、吉田眞理、坂井千春、三上桂子、Christiane Behnの各氏に、また室内楽を四戸世紀、垣内敦、鈴木良昭の各氏に師事。現在は熊本を中心にソリストや伴奏者として活動する傍ら、後進の指導にもあたっている。テアトロ・リリカ熊本専属ピアニスト。古澤音楽教室主宰。

出演情報

Great Composer Memorial Series フレデリック・ショパン

2018年09月05日

Great Composer Memorial Series Beethoven , Debussy & Rachmaninov

2015年03月28日

Great Composer Memorial Series Frèdèric Chopin

2014年10月18日