新見準平+後藤秀樹

パフォーマー紹介

●新見準平(バリトン)
福岡県出身。東京藝術大学卒業(アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞)、同大学院修士課程修了。ウィーン、デン・ハーグにて研鑽を積む。第19回日本モーツァルト音楽コンクール、ソレイユ新人音楽コンクールにて優勝。市川市新人演奏家コンクール最優秀賞。Ljuba Welitsch国際声楽コンクール特別賞。国内外のコンクールの受賞も多い。2009年東京労音「第九」でデビュー、数多くの宗教音楽ソリスト、オペラに出演。バッハコレギウムジャパンのメンバーとして、録音や海外ツアーに参加。国際的な演奏家と共演し、経験を積んだ。Open Air Operaメンバー。大分二期会理事。
●後藤秀樹(ピアノ)
大分県立芸術文化短期大学附属緑丘高等学校を経て、大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻卒業。同大学専攻科修了。Summer Mozart Week 2003 においてはモーツァルト賞を、第43回北九州芸術祭においては伴奏賞を受賞。MAROプロジェクト2008ではピアニスト部門オーディションを最優秀で合格し、芸術監督の篠崎史紀氏等N響メンバーと共演する。Seele交響楽団、別府市民交響楽団、大分交響楽団他、様々なオーケストラとの共演など、協奏曲のソリストもつとめる。これまでにピアノを伊藤律子、田中星治の各氏に、室内楽を良永季美枝氏に師事。
現在、大分県立芸術緑丘高等学校非常勤講師。大分県立大分上野丘高等学校音楽部指揮者。大分市民合唱団ウイステリアコール指揮者。HAPPY SUNS MAMA BAND 常任指揮者。

出演情報

GENESIS Back to the street 2021

2021年03月13日