山野修作 with Mayumi・中瀬亨

パフォーマー紹介


山野修作(ギター)
福岡市出身 15歳から独学でギターを弾き始める。
2003年 NYに渡りジャズギター界の巨匠ジョン・アバークロムビーらに師事。
その後度々渡米し、世界的なドラマーのビル・スチュアートやピアニストのダニー・グリセットらとNYで3枚のCDを製作。それと同時にNYのトップミュージシャンであるアダム・バーンバウム(ピアノ)、マット・クローシー(ベース)、マーク・ファーバー(ドラム)らとホールコンサートなどを含む全国ツアーを継続して行っている。
ジャズギター専門誌でもインタヴューを掲載され、日本のジャズギタリスト100人にも選ばれるなど高く評価される。伝統的なジャズギターサウンドでありながら、現代的な面も加味したプレイスタイルが特徴。http://yamashu.net/


Mayumi (ボーカル)
地元福岡で22歳からJazz vocalとして活動する。ピアニスト内田浩誠トリオにてレギュラーボーカルとしてMr BOND出演。BLUE NOTE FUKUOKAに3度出演。シーホク・ホテル・アンド・リゾート(ヒルトン福岡シーホーク)7年間専属ボーカルを勤める。2002年にはニューヨークに短期滞在して本場のジャズを肌で感じる体験する。2012年 INPEXレーベルにて「I wish you love」CDリリース
ジャズ評論家 岩浪洋三氏に絶賛される。じゃずろう会主催 “ザ・ジャパン・ジャズボーカル・ジャンボリー2012に出演する。2013年から福岡 中洲JAZZ 8回出演する。2016年 トランペッター大野俊三Japan tour 福岡公演にてゲストとして参加する。現在、福岡を中心に全国で活躍する。2020年4/27日関西ユニットMami connectionと2ndCD『MEET』発売。2021年アクロスシンフォニーホールにて博多オールスターズビックバンドにゲスト出演する。現在、福岡を中心に東京、神戸、大阪で勢力的に活躍する。


中瀬享(ベース)
1955年1月28日福岡県久留米市生まれ
高校時代から洋楽(ブルース・ロック・ジャズ)に影響を受けベースを弾き始める。自らのオリジナルバンドのほか多数の音楽活動を行いつつ、地元久留米にてプロミュージシャンとして活動を始める。現在はLiveBar”Vino&Dig”を久留米にて経営しつつ、九州一円のジャズボーカリストおよびミュージシャンと共演・ツアーミュージシャンを務める。

出演情報

GENESIS 2

2022年03月01日