Street Art-Plex Kumamoto 20th anniversary Great Composer Memorial Series アストル・ピアソラ『ブエノスアイレスの四季 vol.4 “秋”』

Astor Piazzolla

2022年はアルゼンチンの作曲者であり、バンドネオンの名手であったアストル・ピアソラの生誕101年目、没後30年目となります。伝統的タンゴにクラシック音楽やジャズの要素を取り込み、数々の“Tango Nuevo (新しいタンゴ)”を生み出したピアソラへのオマージュとして、今年1年を通じて作品『ブエノスアイレスの四季』より“冬”“春”“夏”“秋”をテーマ曲とした4回構成で開催いたします。

日時2022年11月21日(月) 18:00開演
会場下通紅蘭亭前
2022年1月14日

『ブエノスアイレスの四季 vol.1 冬』(開催終了)

2022年5月26日

『ブエノスアイレスの四季 vol.2 春』(開催終了)

2022年7月29日

『ブエノスアイレスの四季 vol.3 夏』(開催終了)

2022年11月21日

『ブエノスアイレスの四季 vol.4 秋』

新型コロナウイルス感染症の感染状況により、上記プログラムは延期もしくは中止になる可能性がございます。

目次

出演

いわつなおこ

いわつなおこ

いわつなおこ【アコーディオン】

福岡市出身。西南学院大学文学部外国語学科卒業。
福岡、北九州を中心に全国各地、そして地球の反対側まで飛び回るアコーディオニスト。
ソロではミュゼット(パリに移民したイタリア人の音楽)を中心に演奏。
シャンソン、フォルクローレ、ラテン、フォーク、クラシック、演歌など、さまざまなジャンルのアーティストとの共演やレコーディングの経験も持つ。

2009年11月、バンドネオン奏者 小松亮太氏のコンサート『キング・オブ・タンゴ』福岡公演、2010年11月 北九州公演にゲスト出演。

アルゼンチンタンゴ・バンド「トリオ・ロス・ファンダンゴス」のメンバーとしても活動。
タンゴの楽しさとダイナミズムを全身で表現する異色のトリオとして注目されている。
全国各地でのライブツアーや、ダンサー「ケンジ&リリアナ」とのタンゴショー『タンゴの節句』ツアーも毎年好評を博している。
2006年、2011年続いて2013年12月、タンゴの本場アルゼンチン、ブエノスアイレスにてライブを行い、現地のタンゴファンを賑わす。

アコーディオン教室『ジャバラ倶楽部』主宰。

池田慎司

池田慎司

池田慎司【ギター】

1976年、北九州市生まれ。 9才よりクラシックギターを堀幸悦に師事。1995年にスペインへ渡り、アルコイにてホセ・ルイス・ゴンサレスに師事。同時期にアポロ音楽院でパーカッションを学び、それをきっかけに、スペイン音楽、クラシック音楽の他に、南米音楽にも目を向けるようになる。その後国内外のコンクールに入賞し、1998年帰国。その後すぐに演奏活動を開始する。

ソロコンサートをはじめ、他楽器との様々な共演、2004年九州交響楽団とアランフェス協奏曲での共演、2008年Hakujuギターフェスタでの、E.フェルナンデス、福田進一、荘村清志とのギターカルテット共演など、精力的にアンサンブル活動の幅を広げる。

2009年、レオナルド・ブラーボとのギターデュオをきっかけに、クラシックギターの伝統的なレパートリー以外に、タンゴやショーロ、フォルクローレといった、南米の音楽も本格的に演奏するようになる。その後「どんでばもす(ギターデュオ)」、「SGF(ギター五重奏)」のメンバーとしても活動を開始する。

現在は演奏の他に、楽曲アレンジ、また後進の指導にも精力的に力を注ぎ、クラシックギター演奏の可能性を探求し続けている。

これまでにCD 「Brasil」 「Buen viaje」 「Circulation」 「Ibero America」 「Qerida Espana」をリリース。ミュージックカルチャー「プレリュード」,唐人町ギター教室各講師。
池田ギター教室(守恒教室・下曽根教室)主宰。 

野田沙織

野田沙織

野田沙織【ヴァイオリン】

ルーテル学院高校芸術コースより大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻、同大学認定専攻科終了。

現在ヴァイオリン奏者として九州を中心にクラシックのみならず、フラメンコ、ジプシージャズなど幅広いジャンルで活動中。

2018年国民文化祭オープニングステージでは皇太子ご夫妻の御前でソロ演奏を披露した。また自己の教室を主宰するなど、後進の指導にもあたっている。

藤本史子

藤本史子

藤本史子【ピアノ】

九州女学院高校、国立音楽大学ピアノ科を卒業。

 2008年、国際ピアノ伴奏コンクール優勝。2009年、日本ピアノ歌曲伴奏コンクール優勝。 スイスレンク国際音楽アカデミーにて、ソロ、室内楽をアドリアン.コックスに師事し、デュオで共演。

『エネルギッシュな推進力にみなぎり、レンジの広い、デュナーミック、表情豊かに歌うフレーズ等、コックスと一体となった起伏が、まさに表現を実現させていた。』【ムジカノーバより】と好評を博す。 NHK交響楽団、九州交響楽団メンバーや、日フィルソロコンサートマスター 木野雅之氏、九響首席コントラバス奏者深澤功氏とも長年共演しており、両氏とのCD.DVDもリリース中。

又、ラズモフスキー四重奏団や東京ベートーヴェンカルテット、KMA等との共演やスコットランドDG地球救援音楽祭、球磨川音楽祭、みおつくし音楽祭、八女おりなす音楽祭等にも出演。

現在、東京と九州を拠点に、様々なジャンルのコンサートを企画、出演しいずれも高い評価を得ている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次